子どもにあせもができやすい原因は?予防法や対処法は?

夏になると「子どもにあせもができる」とお悩みの親御さんは多いですよね。特に乳幼児は大人に比べあせもができやすい傾向にあり、痛みやかゆみを感じやすいもの。そもそも、どうしてあせもができてしまうのでしょうか?
そこで今回は、子どもにあせもができやすい原因や、あせもの対処法・予防法などをまとめてご紹介します。

子どもはあせもができやすい?その原因とは

あせもは汗をたくさんかいたときによく発生します。これは汗が汗腺(汗を出す場所)に詰まりを起こし、炎症を起こしているのが主な原因です。特に首やひじの内側などの汗が溜まりやすい関節部分や、背中・お腹周りなどにできやすく、赤くなったあせもは強いかゆみを伴います。

子どもは汗をかきやすいイメージがありますが、これは新陳代謝が活発なことが理由です。さらに子どもは肌を守る「バリア機能」が未熟なため、汗などの刺激にも弱いのです。

汗自体は体温調節に必要なものですが、あせもができてかゆみが強いと掻きむしり、そこから雑菌が入って悪化することもあります。小さな子どもの場合かゆみを我慢するのは難しいので、大人がしっかりとケアしてあげましょう。

子どもにあせもができたら?対処法と予防法

子どもにあせもができてしまったら、まずは保湿が重要。また、掻きむしってしまわないよう、かゆみを抑えてあげることも大切です。

あせもができてしまったときの対処法

あせもができてしまったときは、まず肌の清潔を第一に考えましょう。汗がついたままにしておくとあせもが悪化しやすいので、シャワーを浴びせたり、濡れたガーゼやタオルなどでやさしく拭いてあげたりするのがポイントです。
あせも部分をかゆがる場合は、冷たい水で洗い流したり、タオルにくるんだ保冷剤で冷やしてあげたりするとかゆみが和らぎます。

ただし、自宅ケアで状態が良くならない場合は、かかりつけ小児科や皮膚科を受診して塗り薬を処方してもらうのがベスト。医師の指示に従って適切な使い方を心掛けましょう。

あせもの予防法

あせもの予防法は、汗がついたままにしないこと。汗をかいたらハンカチやタオルで拭ったり、シャワーを浴びさせたりして肌から汗を落としましょう。また、こまめに着替えさせるのも効果的な予防法です。

また、気温が特に高い日や湿度の高い日は汗をかきやすくなります。エアコンで上手に室温調節をして、必要以上に汗をかかない工夫をしましょう。

そのほか、衣服を調節して蒸れにくい状態にするのも大切です。特に汗をかきやすい乳幼児のうちは、汗を吸いやすく肌が蒸れにくい綿素材の服をおすすめします。子どもは体温が高く、必要以上に着させると蒸れやすくなるので、状況に応じて衣服の枚数を調節しましょう。

子どものあせも予防には普段から肌の保湿を心掛けることも大切です。
子どもの肌は大人に比べて薄く、乾燥するとさらにバリア機能が低下して肌荒れしやすくなります。お風呂上がりにはクリームやミルクローションなどで保湿してあげましょう。このとき皮膚の繊維の流れに沿って保湿剤を塗ると、さらに保湿効果がアップします。

汗対策が大事!かゆいあせもを防ごう!


ひとたびあせもができると、かゆくてつい掻いてしまい、症状が悪化するおそれもあります。子どもは自分では対処できないので、一緒にいる大人が予防対策をしてあげたいですね。
また、自宅ケアであせもが改善しない場合は、小児科や皮膚科で適切な治療を受けることも大切です。

あせもは子どもに多いですが、大人にも発生します。蒸し暑い季節は家族で汗対策をしっかりとおこない、かゆいあせもを防ぎましょう。