大晦日に「年越しそば」を食べる由来とは?アレンジレシピもチェック!

クリスマスにはケーキやチキンを食べ、ひな祭りにはちらし寿司を食べるように、大晦日には縁起物として「年越しそば」を食べるのが一般的です。
寒い大晦日の夜に食べる温かい年越しそばは何ともおいしいものですが、「一体なぜそばを食べるのだろう?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、大晦日に年越しそばを食べることの由来や意味、アレンジレシピをご紹介!由来や意味をチェックして、今年の年越しそばは例年と違う味わい方をしてみましょう。

年越しそばの由来とは?いつから食べられてきたの?

大晦日といえば年越しそばが連想できるほど、この2つは切っても切れない仲にあります。
誰もが子どもの頃から当たり前のように食べてきた年越しそばですが、はじまりは江戸時代だと言われています。
諸説はありまあすが、江戸時代の中期には月末にそばを食べるという習慣があり、これが現在の年越しそばの由来になっていると言われているのです。

年越しそばに込められた意味とは?

江戸時代からはじまったとされる年越しそばには、さまざまな意味が込められています。
こちらも諸説がありますが、一般的に広く知られている2つの意味を見ていきましょう。

・細く長いそばにちなんで「長寿を願う」「家運長命」
そばの特徴といえば、麺を作るときに生地を長く伸ばし、細く切るというところにあります。
このことから、細く長いそばにちなんで「長寿を願う」という縁担ぎの意味が込められていると言われています。
また、細く長いそばには「家運長命」の意味も込められていて、家の繁栄を願った縁起物として食べられることもあるようです。

・切れやすいそばにちなんで「1年の厄を断ち切る」
麺類といってもたくさんの種類がありますが、その中でもそばは麺が柔らかく、切れやすいという特徴があります。
このことから年越しそばは縁起物として扱われ「1年の厄を断ち切る」という意味があると考えられています。1年の最後の日に年越しそばを食べて厄をすべて断ち切り、気持ちよく新年を迎えようという意味が込められているのです。

今年はいつもと違う食べ方に挑戦!年越しそばのアレンジレシピ

大晦日に「年越しそば」を食べる由来とは?アレンジレシピもチェック!

年越しそばの食べ方や味浸け方法は家庭や地域によっても異なりますが、毎年のこととなるとマンネリを感じている方も多いのではないでしょうか。
1年の終わりをおいしく締めくくるためにも、年越しそばのアレンジレシピをチェックして、例年と差をつけてみましょう。

・大晦日だからこそちょっぴり豪華に!「いくら」をトッピング
シンプルな味付けに仕上げることが多い年越しそばは、いろいろな食材とあわせることができます。とくに、出汁がしっかりと効いた和風なそばと、いくらの相性は抜群!
いくらの旨味がスープとマッチすることはもちろん、そばといくらの食感の違いも楽しむことができます。
1年の締めくくりとなる大晦日にふさわしい豪華な年越しそばの完成です。

・暖かい部屋で冷たい年越しそばがオツ「ネギとすだちのサッパリそば」
こたつに入ってポカポカと暖まりながら、冷たくサッパリとした年越しそばを食べるというのも意外性があっておすすめ。
茹でたそばを冷水でしめ、千切りにしたネギをのせてすだちを絞れば、食欲をそそる年越しそばに仕上がります。大葉をのせたり、しらすをトッピングしたりと、好みにあわせてアレンジを加えてみましょう。

子どもの頃から何となく食べていた年越しそばには、さまざまな意味やアレンジ方法がありました。年越しそばに込められた意味を考えながら食べれば、例年とは一味違った楽しみ方ができるでしょう。アレンジレシピにも挑戦して、おいしい年越しそばを作ってみてくださいね。