一戸建ての新築やリフォーム時は注目を!キッチンの高さが重要なワケ

一戸建ての家を新築にしたりリフォームをするときに、女性がとくに気になるところといえば、キッチンの使いやすさではないでしょうか。家族の健康や笑顔を支えるためには、毎日の食事が欠かせません。キッチンの使い勝手がいいと料理の効率も上がり、気持ちよく作業することができます。
“使いやすいキッチンの条件”と聞くと、レイアウトや収納の多さが思い浮かぶと思いますが、キッチンをさらに便利に使うためには“高さ”にも注目するのがポイント。
そこで今回は、戸建ての新築やリフォーム時に注目するべき、キッチンの高さの重要性についてご紹介します。

キッチンの高さで作業効率が変わる?

戸建ての新築や大幅なリフォームをするときには、考えることがたくさんあると思いますが、とくに注目しておきたいのがキッチンの高さです。
キッチンの高さの違いで、台所仕事の効率は大きく変わります。
自分の身長に対してキッチンが高ければ作業がしにくくなり、キッチンが低い場合は前かがみにならなければならないため、腰や首が痛くなってしまうこともあります。
料理をする時間はもちろんのこと、お皿を洗って片付けるときの作業効率にも関係してくるため、キッチンの高さはとても重要なのです。

最適なキッチンカウンターの選び方は?

キッチンカウンターの高さは、システムキッチンの商品ごとに変わってくるもの。
キッチンの高さは80cm・85cm・90cm・95cmの4種類がJIS規格で定められているため、まずはこの中から自分に合うものを選んでみましょう。
万が一、既存のもので理想的な高さのものがないという場合には、オーダーメイドのキッチンを選ぶという方法もあります。
システムキッチンのカウンターの高さはある程度調整ができるものがほとんどなので、希望のシステムキッチンを自分に最適な高さに調整することができます。

キッチンの高さの目安は?

一戸建ての新築やリフォーム時は注目を!キッチンの高さが重要なワケ

キッチンの高さが重要になるとはいえ、「最適なキッチンの高さが分からない」という方は少なくないでしょう。ショールームなどで実際にキッチンの前に立ってみても、使いやすいかどうかの判断はなかなか難しいものです。
使いやすさに個人差はあると思いますが、一般的には「身長÷2+3cm」程度が使いやすいキッチンカウンターの高さの目安になるといわれています。
まずはこの計算式に身長を当てはめて、自分に合うキッチンの高さの目安を知っておきましょう。計算をして算出した数字を目安にして実際にシステムキッチンの前に立ち、使いやすいかどうかをチェックしてみてくださいね。
普段キッチンでスリッパを履くという方や、床にキッチンマットを敷くという方は、その高さも考慮した上でキッチンの高さを決めていきましょう。

キッチンの高さひとつで、作業のしやすさは大きく変わってくるものです。
1日3回料理をし、後片付けや掃除をすることを考えると、キッチンに立つ時間はとても長くなります。戸建の新築やリフォームをするときには、自分に最適な高さのキッチンを見つけ、毎日の台所仕事をより快適に、楽しい時間に変えていきましょう。