【夏の節約術】冷房の電気代をおトクに節約する賢い方法

太陽の強い日差しが差し込み、気温や湿度がグンと高くなる夏。とくに気温が上がる日中は、たとえ家の中でじっとしていても汗をかかずにはいられません。
そんな暑い夏の季節を快適かつ健康的に過ごすためには、冷房の使用が欠かせませんが、ここで気になるのが「電気代」ですよね。
涼しさだけを求めて冷房をつけっ放しにしていては、電気代の請求が恐ろしいことになってしまいます。そこで今回は、涼しさをキープしながらも電気代をお得に節約するための方法をご紹介します。

夏の節約術!冷房をお得に使う方法

【夏の節約術】冷房の電気代をおトクに節約する賢い方法

・冷房の設定温度は「28℃」を目安にして
冷房の電気代を節約するためには、設定温度をなるべく高くすることが大切です。
涼しさを求めると25℃以下に設定したくなりますが、節約のためにも設定温度は28℃を心掛けましょう。

・「サーキュレーター」を使って効率よく快適に
冷風を効率よく部屋全体に行き届かせるためには、サーキュレーターを取り入れるのがおすすめです。最近ではオシャレなデザインでお手頃価格なものも多く、数千円程度で購入することができます。サーキュレーターを冷房と一緒に使うことで、冷房から送られてくる冷風を部屋全体に届けることができ、節約にもつながります。

・冷房の「運転ボタン」を切ったりつけたりしない
冷房の電気代を節約しようとしてよく間違えてしまうのが、運転を切ったりつけたりするというもの。節約のためには、こまめに冷房のスイッチをこまめに切ったほうがいいようにも思えますが、これはかえってNG。涼しくなったら運転を切り、暑くなったときにまたつけるというように繰り返していると、部屋を再度涼しくするためにたくさんの電力が必要になり、電気代が割高になってしまうのです。お得に冷房を使うためには、あえて運転をさせたままにしておき、部屋を涼しい状態にキープしておくほうがいいでしょう。

・冷房の設定を「自動運転」にしておく
これは冷房の種類や年式によっても異なりますが、一般的なエアコンの場合には、自動運転に設定をしておくとお得に使用することができます。
自動運転にしておくことで、冷房が自動で風量を調節してくれるため、無駄なく部屋を涼しくすることができるのです。

 

・カーテンを使って直射日光をカットする
太陽光が部屋の中に差し込んで室内気温が上がると、設定温度が28℃では涼しさを感じることができない場合があります。より効率よく冷房を使用するためには、遮光カーテンなどを使って太陽の光を遮断するのがおすすめです。

・室外機にカバーをつける
エアコンの設置にあたって、必ずセットになっている室外機。家の外に置いてあるのが一般的ですが、室外機に太陽の日差しがダイレクトに当たってしまうと、冷房の効率を下げてしまいます。室外機に当たる太陽の日差しを防ぎ、熱をカットすることで冷房の運転効率もアップするため、室外機のカバーなどをつけて日除け対策をしておきましょう。

太陽がギラギラと照っている日中に比べると、日が落ちた夜は暑さもだいぶ落ち着きますが、それでもやはり暑さや湿度は気になるもの。夏の季節は、1日を通して冷房の使用が欠かせません。とはいえ、何も考えずに部屋をキンキンに冷やしたり、つけたり消したりを繰り返していると、電気代がどんどんとかさんでしまいます。
冷房による電気代を節約するためには、いかに効率よく冷房を使うかということが大切なのです。今年の夏は賢く冷房を活用して、快適な涼しさをお得にゲットしましょう。