【2月22日は猫の日】癒されに行きたい東武東上線沿いの猫カフェ3

年も明け、昼も夜も寒さの厳しい2月。
「2月22日」は日本の猫の日実行委員会が制定した「猫の日」であるとご存知でしょうか?
「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日を」という猫の日実行委員会の趣旨のもと、1987年に制定されました。

2月22にお出かけを考えているのであれば、猫の日にちなんで猫カフェへ足を運んでみてはいかがでしょう。
今回は、猫の日に行きたい東武東上線沿いにある猫カフェを3つ、ご紹介いたします。

■猫カフェ ニャンシー

東武東上線志木駅東口から徒歩2分ところにある「猫カフェ ニャンシー」。
愛らしい猫たちがお出迎えしてくれる店内は、猫好きにはたまらない、正に猫パラダイス。さまざまな種類の猫たちと触れ合うことができます。
店内の衛生面にもしっかり気を使っているところもポイントです。

公式サイト内には割引クーポンなどもあるため、気軽に入店することができますよ。
休みは不定休のため、事前に電話連絡などで確認をとったり、カレンダーをチェックしてから足を運んで下さいね!

〒353-0004
志木市本町5丁目23-7 第5ナカタビル3F
http://top.nyancy.com/

■猫カフェ 猫家(ねこや)川越店

オープンタイプのネットカフェである猫家川越店は、一人で猫カフェを満喫したい人にもオススメの猫カフェです。
パソコンはもちろん、漫画や雑誌も読み放題なので、ついつい長居してしまいたくなってしまうのも猫家の魅力。

自由で気まぐれな猫と戯れつつ、日常の疲れを癒したい人にはもってこいの空間かも知れません。
サイトには猫それぞれの個人ブログがあったりと、猫愛にあふれた猫家本川越店、ぜひ足を運んでみては?

〒350-0043
埼玉県川越市新富町2丁目2-3 バロンビル2F
http://www.nekoyacafe.com/kawagoe/index.html

■Cat Cafe ねころび

池袋の中心街にあるねころびは、正に都会のオアシスとも言える癒し空間です。
店内にあるゲームや飲み物は全て無料で使え、ゆったりとした雰囲気の中で猫との時間を楽しむことができます。

カップルで訪れる際には、店内にある自由帳へ記念として落書きを残してみるのもオスススメ。
年中無休で営業しているので、お買い物の帰りや映画を楽しんだ後に休息として立ち寄ってみるのもいいでしょう。

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-28-1 タクトT・Oビル 3F
http://www.nekorobi.jp/

猫カフェに行く時に注意すべきこと・マナー

小さな子どもでもできちゃう? パパにあげたい手作りチョコレシピ

猫カフェは、私たち人間だけではなく猫にとっても癒しの空間である必要があります。
入店の際には、猫の害にならないようマナーを守ることを徹底しましょう。

・洋服は動きやすいものを
猫たちは、気分のままに遊んだり寝たりします。
一緒に楽しい時間を過ごすためにも、洋服は動きやすいものをチョイスし、アクセサリーなども外しておくといいでしょう。
また、素足での入店は衛生上お断りされることもあるので、靴下を履いて行くか、バッグに忍ばせておくようにしてください。

・写真撮影は確認後に
可愛い猫を見るとついついカメラに収めたくなってしまいますよね。
しかし、お店によっては猫のストレスを考え、撮影をNGにしていることもあります。入店の際に撮影をしていいか確認しておきましょう。

年に一度の2月22日、猫の日。
思う存分猫との時間を満喫するため、ぜひ東武東上線沿いの猫カフェに足を運んでみては?