年末の負担を軽減! 11月から大掃除を始めよう

11月に入り、今年の終わりも徐々に近づいてきていますね。
年末の一大イベントと言えば、家族総出の大掃除。
窓拭きにワックスかけ、キッチン掃除にお風呂掃除と、手間のかかる場所もたくさんあり、年末だけでは間に合わない! なんてことも珍しくありません。
そこで今年は、「大掃除は年末にやるもの」と囚われずに、11月から始めてみませんか?
今回は、11月から大掃除を始めることで得られるメリットをご紹介いたします。

まだ寒くない時期から始めるのが吉!

年の瀬が近づくほどに寒さが増していくため、12月は窓を開けておくと寒く、掃除中に十分な換気ができないという方もいるのではないでしょうか。
本格的に寒くなる前の11月初旬なら、窓を開けておいてもそれほど苦になりません。
換気をしながら行いたいほこり取りなどの掃除は、11月のうちに始めていきましょう。

・窓拭き
水を使って行う窓拭きは、12月末に行うのはなかなか辛いですよね。
11月なら、指がかじかむこともなく窓の外側までしっかりと掃除することができます。

・玄関
暖かいうちに靴を全部外に出して、湿気を逃してあげましょう。
靴をしっかりと乾燥させてあげることは、下駄箱の衛生面でもメリットがあります。

・換気扇
キッチンの換気扇は、べったりと張り付いた油を落とすのに苦労しますよね。
寒いと油がより落としにくくなってしまうため、暖かいうちに行っておくのがおすすめです。

・お風呂
お風呂場のカビ掃除も、換気しやすい11月がおすすめ。
水を使うので、寒くない時期にしたほうが苦になりません。

断捨離も11月がおすすめ!

断捨離も11月がおすすめ!

大掃除の際、ついでに断捨離をするという方は多いですよね。
着られない服は処分し、趣味が変わったものはリサイクルに回すことで、クローゼットの中身もスッキリさせて新たな年を迎えることができます。
11月は、リサイクルショップなどで冬物の衣類の買い取りも継続中なので、この時期に売ってしまうというのもひとつの方法です。

11月のうちに大まかな部分を終わらせておけば、年末は床や壁、トイレなど普段の掃除を念入りにやる程度でOK。
今年は少し早めに大掃除を始めて、1年間の汚れをスッキリと落とした状態で新年を迎えてみてはいかがですか?