旬の野菜を食べていますか?

栄養価の高い! 旬の野菜で家族の健康をサポートしましょう

今私たちの生活はとても豊かになっていて、24時間開いているスーパーに行けば季節を問わず野菜が買えます。

でも、野菜にはそれぞれ採れる時期や旬というものがありますよね。
普段忘れてしまいがちですが、旬の野菜は美味しいだけでなく栄養価も高いので、健康を気に掛ける主婦の皆さんにぜひ食卓に取り入れてもらいたい食材です。

今回は旬の野菜の栄養価や食卓への取り入れ方について、詳しくご紹介していきます。

旬の野菜を食卓におすすめするワケ

旬の野菜食材が「美味しい」とか、「健康に良い」と言われるのには理由があります。
野菜にとっての旬は、最も成長できる環境条件が整い、成熟するのに適した時期で、タップリの栄養を地下から吸い取って葉や実にため込むことができるので、栄養価が高く、味も濃いのです。

実際に、冬が旬のほうれん草は冬の露地栽培とビニールハウスの水耕栽培の物とを比べると、栄養価に2倍もの開きがあるという研究データもあるほどです。
また、私達の身体は季節によって気候や気温などの環境が変わることで、少なからず体にダメージを負ってしまいますが、不思議なもので、そういったダメージに対抗する成分を蓄えているのも旬の野菜です。

寒く新陳代謝の低下する冬の時期に蓄積された毒素などを、フキノトウやウドなどの苦味のある春野菜がデトックスしてくれるように、暑い夏にはキュウリがカリウム効果で水分を排出して体を冷やしてくれるように、旬の食材はその時期の体のダメージを軽減する栄養を蓄えていて、身体の中から私たちの健康を守る役割を担っています。

季節ごとの旬の野菜と栄養価は?

季節ごとの旬の野菜と栄養価は?

美容のためにも「食べなきゃもったいない!」と思ってしまう旬の野菜。
積極的に家族の食卓に取り入れていきたいですね。特におすすめする季節の旬の野菜と、栄養価は次のとおりです。

● 春が旬の野菜
キャベツ…ビタミンC、カルシウム
菜の花…ビタミンC、ビタミンA、カルシウム
フキ…カルシウム、カリウム、ポリフェノール類
たけのこ…カリウム、マンガン、チロシン

● 夏が旬の野菜
トマト…リコピン、ビタミン類、カルシウム、カリウム、マグネシウム
きゅうり…ビタミンA、カリウム、カルシウム
ゴーヤ…ビタミンC、葉酸、カリウムが豊富
枝豆…ビタミンB1、カリウム、鉄分、メチオニン

● 秋が旬の野菜
ジャガイモ…ビタミンB群、ビタミンC、カリウム
サツマイモ…ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンE、βカロテン、カリウム
ゴボウ…カルシウム、カリウム
春菊…ビタミン類、カルシウム、カリウム、鉄、カロテン

● 冬が旬の野菜
大根…ビタミンC、アミラーゼ
ホウレン草…ビタミン類、葉酸、カロテン、カリウム、鉄
ネギ…ビタミンC、カルシウム、カリウム、カロテン
カブ…ビタミンC、カルシウム、カリウム、ジアスターゼ

旬の野菜はあまり火を通さず、栄養価の高い状態で食べるのがおすすめです。
煮物にする場合は薄味にして、栄養の溶けだしたスープまで美味しくいただいて、旬の野菜を健康に役立てていきましょう。