もうすぐ入学式! ママと子供のセレモニースーツの選び方

もうすぐ入学を迎えるママにとって気になるもののひとつに、セレモニースーツがあるのではないでしょうか。

ママはもちろん、晴れの日の装いにふさわしい子供の服装とは、どんなものなのでしょう?
ここでは入学式におすすめの服装についてご紹介します。

男の子の服装の選び方

男の子の入学式の服装は、ジャケットと半ズボンが基本。
色は黒かネイビー、ズボンの丈は半ズボンや七分丈のものが主流です。
地域差がありますが、入学式では長ズボンは少数派のようです。

どうしても、男の子は色やデザインが似通ってしまいます。
個性を出すなら、ジャケットの中に着るシャツとネクタイで出してあげましょう。
子供用のフォーマルスーツは、シャツやネクタイまでセットで売られていることが多くありますが、あえてシャツとネクタイを、セットアップされているものではないものにしてみましょう。
入学式は白いシャツの子が多いので、シャツをピンストライプや淡い色のついたものにするだけでもオシャレに見えますよ。

女の子の服装の選び方

男の子に比べ選択肢が多いため、悩んでしまうのが女の子の服装ではないでしょうか。
女の子のフォーマルスーツは、ワンピースにジャケット、ボレロを合わせたものが主流。

また色はフォーマルな雰囲気が出る黒やネイビーだけでなく、パステルカラーのものも多く見られます。
女の子の服を選ぶ際に注意したいのは気合を入れ過ぎないこと。
晴れの日であることや、かわいいデザインの服がたくさんあることで、親子で浮かれて選んでしまうと当日浮いてしまう可能性があります。

できれば、入学式に参加したことがある知り合いに話を聞いて、入学する学校の雰囲気がどんなものなのかを聞いておきましょう。
スーツを選ぶ際には「上品に見える」ことが大切です。清楚で上品なコーディネートにすると好感度を高くすることができますよ。

ママのスーツの選び方とポイント

ママのスーツの選び方とポイント

女性のセレモニースーツは、ジャケットにワンピースとスカート、パンツがセットになったセットスーツが主流。

他のフォーマルシーンでも着回せるように、落ち着いたダークカラーのものが多いのですが、それだけだと入学式には少し地味になる可能性があります。

ダークカラーのスーツの場合は、中に着るものの色を春らしいパステルカラーにする、コサージュをつけるなどで、入学式にふさわしい華やかさを演出しましょう。

パンツスーツもNGではありませんが、ビジネスライクになりがちなので、インナーや小物で入学式らしい華やかさを出してあげましょう。
ママの場合も、女の子同様に上品に見えるコーディネートを心がけると好感度が高くなります。
ラメやスパンコールのついたもの、柄物ストッキング、派手なネイルなどはNGです。

入学式は一度きりのイベントですし、直近に入学式以外の冠婚葬祭が控えていなければ同じセレモニースーツを着る機会はほとんどないでしょう。
一度きりのイベントで失敗しないためにも、個性的になりすぎないことを意識して良い思い出を残せるようにしましょう。