表面だけじゃダメ? キッチン排水口のニオイの原因と対策

キッチンのニオイが気になるという場合、その原因が排水口にある場合が多いです。

しかし「排水口をきちんとお掃除しているのにイヤなニオイがおさまらない」ということはありませんか?
そんな原因不明の嫌なニオイでお悩みの方に向けて、原因と解消法をご紹介していきます。

そろそろ年末の大掃除の時期ですから、普段は手の届かないキッチンの見えない汚れもスッキリ落としてしまいましょう!

<排水口の嫌なしつこいニオイの原因とチェックポイント>

・排水口の仕組み
キッチンの排水口の奥には、排水トラップと呼ばれる仕掛けがあります。
排水口の奥のフタの下には水が溜まるようになっており、この水が排水管からのニオイを遮断してくれるのです。
キッチンで水を流すたびにここに溜まった水は入れ替えられ、常に新しい水が溜まるようになっています。
そのため、本来ならば排水口からニオイが上がってくるということはほとんど無いはず。
では、排水口のイヤなニオイというのは、なにが原因なのでしょうか?

・まずは排水トラップの汚れをチェック
排水トラップの中の水は常に入れ替わるので、水が腐るということはほとんどありません。
しかし、この部分に食べ物のカスや汚れが入り込み、ぬめりやつまりが発生する場合があります。
こういったことが原因で雑菌が繁殖すると、イヤなニオイにつながってしまいます。
排水口の奥のフタを外し、排水トラップのぬめりやつまりをきちんとお掃除することで、ニオイを改善することができます。

・排水パイプが汚れている場合も!
排水トラップのお掃除をしてもニオイが気になるのなら、排水のパイプをキレイにしましょう。
パイプの中には食べ物のカスや油が固まってしまうことがあり、コレが悪臭を放っている原因なのかもしれません。
手の届く場所ではないので、排水口用の洗剤を使ってお掃除するのが良いでしょう。
洗剤を流し込み、しばらく置いてからお湯を流せばパイプの汚れが剥がれてキレイになります。
重曹2に対してお酢1を混ぜたものを排水パイプに流すことでも、同じように汚れを落とすことができますよ。

・シンク下もよくチェックして
排水口や排水トラップをキレイに掃除してもニオイが消えないという場合は、排水パイプ自体に原因があるのかもしれません。
シンク下の排水パイプがひび割れなどの破損を起こしている場合は、その穴から下水のニオイが漏れてしまいます。
その場合は、業者に排水パイプの修理や交換を頼むか、自分で補修テープなどを使って修理をすることで改善できます。
また、排水ホースと排水パイプの間に隙間があるためにニオイが上がってきてしまうケースもあります。
ここに隙間がある場合は、ゴム製の防臭キャップや配管用パテを使って隙間を埋めるのが良いでしょう。

<掃除が完了したらしっかり予防を!>

表面だけじゃダメ? キッチン排水口のニオイの原因と対策

せっかく隅々までキレイにしたのに、今までと同じシンクの使い方をしていたらまたすぐにニオイが復活してしまいます。
料理中の野菜の破片がパイプに流れていってしまったなどの小さなことの積み重ねが汚れやぬめりの原因になってしまうので、流さないようにしましょう。
また、週に1回はパイプ用洗剤を流すようにしてください。

排水口のニオイが気になったら、まずはニオイの原因を突き止めることが大切です。
ニオイのもとを探してニオイをキッチリとシャットアウトし、快適なキッチン空間を作っていきましょう。