冬の大敵! 部屋中の「結露」の影響と対策術

冬のお部屋のお悩みといえば、やはり「結露問題」が挙がってくるのではないでしょうか。
外の気温が大幅に下がるこの時期は1年で最も「結露」が発生しやすいシーズンです。

この結露を放っておくと家に大きな被害をもたらします。
今年の冬はしっかりと結露対策をとって快適に過ごしましょう!

<そもそも結露の原因って?>

冬の結露の原因というのは、室内外の温度差、そして部屋の湿度にあります。
冬の室内では暖房器具を使いますが、多くの暖房器具は温度や湿度をどんどん上昇させるものです。
冬に室内が暖められると、空気中にはたくさんの水蒸気が発生します。
その空気が外気で冷やされた窓ガラスに触れることで水滴になり、結露になってしまうのです。
また、温かい煮込み料理や、洗濯物の室内干しも、湿気の原因になります。

<結露が発生しやすい場所>

湿気の多いところに発生しやすいので、お風呂場やキッチンなど水回りに多いです
その他にも、押入れの中や家具の裏側、天井裏などの目には見えていないところにも実は結露が発生しているので、注意が必要です。

<結露による家に及ぼす悪影響>

結露は壁の内側の木材や構造材をもろくして、腐らせてしまうこともあります。
結露を放置することで、知らないうちに住宅の強度が下がってしまう危険性もあるのです。

さらに、結露の水滴が電化製品やケーブル、コンセントなどに付着することにより、漏電や火災を引き起こすという怖いケースもあります。

<結露を防ぐにはどうすればいい?>

結露は室内外の温度差によって発生しやすくなるので、室温を上げすぎないことが大切です。
暖房器具は19度ぐらいを目安に使えば、結露対策をしながらのエコにもなり、おすすめです。
寒い時期ですが、定期的に窓を開けたり換気扇を回したりして部屋の空気を入れ替えましょう。
こまめに換気をして暖まった空気を外に出し、乾いた空気を取り入れれば、ある程度結露を防ぐことができます。

家具や荷物が壁とぴったりくっついた配置になっていたら、隙間を作って部屋の中に風の通り道を確保するのも効果的です。
押入れの中の結露対策には、荷物を詰め込み過ぎないというのがポイントとなります。
床部分にすのこを敷いて、通気性をよくするのも良いでしょう。

<結露防止アイテムを活用しよう>

結露防止アイテムを活用しよう

もし結露してしまった場合は、こまめに拭き取ってください。
水取りができる窓ワイパーを使えば、滴らせることなく上手に結露を落とすことができます。

窓の下部分に「結露吸収テープ」貼れば、水滴が流れ落ちるのを防ぐことができます。
割れ物などをくるむ時に使う、「エアーパッキン」など貼って窓とお部屋の間に空気の層を作ることでも、結露防止に効果的です。
最近は簡単に貼ることができる「結露防止フィルム」もありますので、試してみると良いでしょう。

また、結露対策として除湿機や結露防止ヒーターを導入するのも良い方法です。
窓に水滴がつかなくなるだけでなく、お部屋の温度調整もラクになりますよ。

結露の湿気を「面倒だから」と放置していると、やがて窓の周囲にはカビやダニが発生してしまいます。
それが人体にまで被害を及ぼして、アレルギーやアトピーのお悩みにつながってしまうこともあるのです!
冬の季節に当たり前のように発生する「結露」は甘く見てはいけません。
ご家庭の環境に応じた方法で、結露対策しながら快適に冬をお過ごしくださいね。