朝食にプラス!活力ある1日にするサイドメニュー5つ

毎朝早起きして人数分の朝食を用意するのは一苦労……。
さらに、家族の健康を考えて、栄養バランスが良いものを食べさせたいですよね。
そのため、毎朝メニューを考えるのも大変です。

好き嫌いがある場合は、栄養が偏りがちになってしまいます。
そこで今回は、日中の活力や能率をアップさせる朝食に最適なサイドメニューをご紹介していきます。

忙しい朝にぴったりなバナナ

バナナには糖質が豊富に含まれています。
朝の脳と身体に素早くエネルギーを与えて、勉強や仕事の能率アップにつながるでしょう。

また、腸内環境を改善する食物繊維やオリゴ糖も含まれています。
腸内環境が良くなると、幸福感をもたらすホルモンも増えるため、精神面でもプラスとなります。

学校や職場でストレスを抱えがちな家族がいるなら、積極的に食べてもらいましょう。
乳酸菌を含むヨーグルトと一緒に食べるとさらに効果的です。

体の免疫力を高め成長を促進する納豆

納豆にはビタミンB群が豊富に含まれており、糖質の代謝を助けてエネルギーへと変えてくれます。
加えてタンパク質も豊富ですから、身体の成長を促進したい場合にもオススメです。

また、納豆だけに含まれるナットウキナーゼは免疫力を向上させる働きがあります。
1日1パックは摂りたい、日本ならではのスーパーフードと言えますよ。

お腹の調子を整えるヨーグルト

2015101404

 

ヨーグルトには腸内の善玉菌を増やす乳酸菌が含まれています。
それによって便通の改善はもちろんのこと、免疫力のアップや、アレルギー反応を抑える効果が期待できます。

さらにヨーグルトは、タンパク質やカルシウムなど、身体の成長に欠かせない2大栄養素を含んでいる優秀な食品です。
ただし、乳酸菌は胃酸に弱いため胃酸が薄まっている食後に食べるのをオススメします。

大切な日には味噌汁

味噌汁を朝食で摂ることで胃腸の働きが活発になり、食欲や体力の向上が期待できます。
さらに汗で流れ出てしまうナトリウムやカリウムも豊富なため、運動量の多いお子さんにもオススメです。

また、温かいものを摂ることで緊張がほぐれる効果もあります。
テストやプレゼンなど、大事な日の朝食にプラスしてみてはいかがでしょうか。

疲労回復にはトマト

トマトには抗酸化作用があり、乳酸の代謝を促して疲労回復を早めてくれます。
また、二日酔いになったときもトマトが有効です。
二日酔いの原因物質アセトアルデヒドの働きを抑制し、症状を改善してくれるのです。

飲み過ぎでぐったりしているお父さんに適したサイドメニューと言えますよ。
トマトの食感が苦手な方は、そのまま無理して食べるのではなくジュースにするといいかもしれませんね。

これらの食品全てをプラスする必要はなく、どれか一つでもメニューに加えるだけでOKです。
その日に合ったサイドメニューを取り入れて、バランスのとれた朝食を目指しましょう。