「この子は何が好きなんだろう」「何が得意なのだろう」と、未知の子どもの可能性を広げる習い事。
子どもたちに人気の習い事や注目の習い事をご紹介します。

2014120901

まずは人気のランク順に、みてみましょう。
(習い事に関する調査結果 ハッピー・ノート.com Weekly ゴーゴーリサーチ第500回分析結果より)

2014120902
1位 スイミング
運動能力の低下が進む現在。
柔軟性・持久力・筋力など、総合的に身につけるスイミングが人気です。
カラダを動かすことが脳の発達や、後の学習にいい影響をあたえると言われます。

2位 ピアノ

4-7歳に聴覚は急激に発達するといいます。
この時期に音楽をはじめると効果的と言われます。
音楽を習うと、外国語の処理能力も高まると言われます。
手先を使うと、脳細胞が発達するというのも人気の理由です。

3位 英語・英会話

これからの時代に必須の英語。
まずは言語取得能力の高い時期に、英語に耳を慣らすことが目的のようです。

4位 体育・体操

スポーツの基礎を身につけることできます。

5位 リトミック

リズム感や音感がよくなります。
最近のキッズダンス人気とともに安定した人気です。

2014120903

6位 サッカー

男の子に人気のサッカー。
ルールも簡単で、パパやお友達と、ボール一つあれば体を動かせるというのもポイントです。

7位 くもん

数字に強くなってほしい、そんな思いで習わせる方が多いようです。
値段も手頃です。

ランク外ではあるけれど、注目されている教室もご紹介します。

ゴルフ

石川遼君の活躍で人気が上昇。
集中力や礼儀作法を養います。
一人でするスポーツで、メンタルも重要なので、精神力を鍛えるのにもいいです。

料理教室

食育の人気にともない、子ども向けの料理教室が増えています。
手先を使い、集中力をつけます。
単発の教室も人気です。

スケート教室

羽生結弦さんや浅田真央さんの活躍で、子どものスケート教室が人気に。
首都圏でもいくつかの教室があります。

実験教室

科学などを体験型の学習ができます。
Benesseなどが事業展開しています。

レゴ教室

想像力や、創作力が身につくと人気のレゴ教室。

教えるのではなく、子どもが何をしたいのかと読み取り、ヒントを与えることで「問題解決能力」を養ってくれます。

絵画造形教室

絵画や工作を通じて、子どもの想像力や集中力が伸びると、カワイ絵画教室など注目が高まっています。

学童保育型の英語教室

小学校では、送迎のある学童保育型の英語教室なども人気が高まっています。
Kids Duoなどは全国展開されています。
未就学児のときからチェックしてみましょう。

最後に選び方のポイントをご紹介します。

選ぶときの3つのポイント

●子どもがやりたい気持ちがあるか
どんな習い事も子どもが好きでなければ長続きもしませんし、上達しません。
さりげなく子どもがやりたいという気持ちになるように、仕向けてあげましょう。

●選ぶときは幅広く
幼児期は、まだ何が得意で何が不得意なのかわかりません。
一つの習い事に集中しないで、いろいろやってみるのもいいかもしれません。

●教える先生を、しっかり選びましょう
好奇心はいっぱいでも集中力の続かない子ども。
なにかを教えるのは、子どもを楽しませる職人的なテクニックが必要。
教える先生と子どもの相性も大切です。

先生によって、同じ習い事も好きにも嫌いにもなります。
できれば体験などに何回か通いましょう。