20141031_01

本格的に寒くなるこれからのシーズンに大活躍するのが、セーターや
カーディガンなどニット素材の衣類や小物ですね。

暖かい上に、おしゃれに着こなせて便利なニットですが、
「洗濯が面倒……」と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
洗濯して縮んでしまうのも心配ですよね。

確かに、ニットの衣類の多くは、「洗濯機に放り込んでおしまい」と
いうわけにはいきません。

でも、コツさえ押さえれば、自宅で洗濯するのも難しいことではありません。

今回は、自宅でニットを洗う時のポイントをお伝えします。

 

自宅で洗える? クリーニングに出す?

20141031_02

ニットを自宅で洗うかどうかは、タグに記載されている洗濯絵表示を目安にするのが良いでしょう。

「洗濯機マーク」がついているニットなら、ニットでも洗濯機の弱モード(おしゃれ着洗いモード)で洗うことができます。

水温が表示されている場合が多いので、その水温を上回らないようにすることが大切です。

「手洗いマーク」がついているニットは、自宅でおしゃれ着洗い用の中性
洗剤を使って手洗い
することができます。
この場合も水温表示を守りましょう。

「ドライクリーニングマーク」「手洗い不可マーク」がついているニットについては、クリーニングに出すのが無難ですが、
これらの多くも自宅で中性洗剤で手洗いすることが可能です。

ただし、高価な素材のものや繊細なデザインのもの、色あせさせたくないものなどはクリーニングに出すことをお勧めします。

 

自宅でニットを洗濯する時のポイント

20141031_03

 

ご自宅でニットを洗濯する場合には、以下のような点に注意しましょう。

・お湯は使わない
高温で洗うとニットが縮む原因に。
また、表示温度より低い場合でも、途中で温度差が生じると縮んでしまうことがあります。

表示温度以下のぬるま湯か水で、最後まで一定の温度を保って洗うように
しましょう。

・中性洗剤を使う
ニットの洗濯には必ずおしゃれ着洗い用の中性洗剤を使いましょう。
アルカリ系や塩素系などの洗剤は生地を傷めてしまいます。

・洗濯機で洗う時は裏返して洗濯ネットに
洗濯機OKのニットの場合は、洗濯ネットに入れて弱水流(弱モード・おしゃれ着洗いモード)で洗いましょう。
ネットに入れる際、裏返しにしてたたむことで、洗濯による傷みを軽減できます。

・こすらずつけ置き&押し洗い
手洗いする場合も、裏返してたたんだ状態で、中性洗剤を溶かした水に10分程度つけ置き洗いするか、軽く押し洗いします。
すすぎは約1分水につけ、軽く押し洗いすることを3回ほど繰り返します。
汚れの部分などをゴシゴシこすると生地が傷む原因になるので避けましょう。

・脱水はなるべくタオルで
洗濯機で洗った場合も、手洗いの場合も、なるべく洗濯機の脱水を使わずに大判のタオルなどで水気を取ることをお勧めします。

・できるだけ平干しする
脱水した後は、型崩れを防ぐためなるべく平干しするのが良いでしょう。
平干し用のネットが市販されているので活用すると便利です。
ハンガーを使って干す場合は、タオルなどを巻いて型崩れを防いだり、ハンガーを2本使って袖部分をもう1本のハンガーに掛けるなど伸びないように工夫しましょう。

冬の間よく着るものですから、自宅で洗えるものはできるだけ自宅で洗いたいですよね。
ポイントを押さえてニット洗濯上手を目指しましょう。